あなピグモ的他己紹介⑤ ますだの場合


一緒に舞台を作るからには、お互いのことをどう思っているか確認しようじゃないか。
そんな発想から始まった他己紹介!三姉妹末っ子、ますだようこの他己紹介!

http://i1.wp.com/ana-pigmo.com/wp00/wp-content/uploads/2016/02/takosyoukai.boss_.jpg?resize=700%2C350

ぷくぷくお肉を世に曝し、怒りの眼で現代社会を見据える金剛力士。欲張りなので、阿形も吽形も俺がやる。

http://i0.wp.com/ana-pigmo.com/wp00/wp-content/uploads/2016/02/takosyoukai.aya_.jpg?resize=700%2C350

昔はジブリアニメのヒロイン風味だったのが、近頃はそのヒロインの対抗馬へとポジションを移行している。そんな凄みが出てきた。

http://i1.wp.com/ana-pigmo.com/wp00/wp-content/uploads/2016/02/takosyoukaisaki.jpg?resize=700%2C350

「万能選手・エンドウに出来ない事はない!」ことが、彼女の弱点になりえるのではないか? 攻め入る隙はそこにあるだろう。

http://i1.wp.com/ana-pigmo.com/wp00/wp-content/uploads/2016/02/takosyoukai.amano_.jpg?resize=700%2C350

大好きな映画やスポーツや、この世の生きとし生けるものを愛を持って肯定も否定もするそのバランス感覚には定評がありそうな感想文を毎日呟いている。

http://i1.wp.com/ana-pigmo.com/wp00/wp-content/uploads/2016/03/takosyoukai.kai_.jpg?resize=700%2C350

呑んで呑んで呑まれて呑んで、呑んで呑まれなくても呑み続けて眠るまで呑む男、カイタニ。

http://i2.wp.com/ana-pigmo.com/wp00/wp-content/uploads/2016/02/takosyoukaiotake.jpg?resize=700%2C350

オオタケから演劇を取ったら、一体何が残るというのか? そんな疑問を感じざるを得ない程、彼は球投げが出来ない。

http://i1.wp.com/ana-pigmo.com/wp00/wp-content/uploads/2016/02/takosyoukai.futaba.jpg?resize=700%2C350

哀しいことに、文学女子特有の清廉さや知的さが微塵も見られない。しかしながら、彼女の国語力が発現する日を今か今かと皆に期待されている。

http://i1.wp.com/ana-pigmo.com/wp00/wp-content/uploads/2016/02/takosyoukai.kifuku.jpg?resize=700%2C350

ニッポンの社会を回す歯車の一部となって今日も一日健気に働く奴隷戦士・キフク(フクナガ専用)。どこへ出しても恥ずかしくない。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です